本文へスキップ

21世紀を担う子どもたちのためのそろばん教室


さとう珠算塾

そろばんとは

そろばん

体験学習イメージ

 今のそろばんのはじまりは、約4000年前にメソポタミア地方で生まれた“砂そろばん”だといわれています。砂の上に線をひき小石を並べて計算していました。それを中国では小石を木にかえて串刺しにしました。
中国ではそろばんのことを「スアンバン」と言っていました。そのことばが少しずつ変化して“ソルバン”→“ソロバン”になりました。
 そろばんは、約500年ほど前、室町時代の末頃に長崎か大阪の堺の港に入ってきたと言われています。最初に伝来したそろばんは、5玉が2個、1玉が5個あり、日本のそろばんは、その中国式そろばんが改良してできたものいわれています。
 日本では、そろばんが広まるにつれて、「和算」いとう日本の独特の数学が発達。また、商売にはそろばんがよく使われたため、寺子屋では「読み・書き・そろばん」が教えられました。
 日本人はそのそろばんを使ううちに、5玉を1個にしたほうが便利だと気がつきました。今から100年前になると、5玉が1個のそろばんを使うようになりました。
 昭和に入ってから1玉がひとつ減って「4玉そろばん」となり、昭和13年には全国の小学校で4年生からそろばん学習が必修になりました。
 その他に玉の形をスマートにして、日本のそろばんはとてもシンプルになりました。そのため計算するときに考える部分が多くなりましたが、イメージで計算できるようになりました。これがそろばん式暗算です。


そろばん学習

英語学習イメージ

そろばんは、頭と心を鍛えるスポーツです。
計算力
そろばん学習は数字に強く、計算力にすぐれた子どもを育てます。
集中力
落ち着きがない、集中することが苦手な子どもにぴったり。
忍耐力
我慢強さはどんなことを達成するときも大切なポイントです。
積極性
年齢や学校の違う子どもたちが友達になるので、積極性が身につきます。
敏捷性
そろばんは指先をすばやく動かすので敏捷性が養われます。
概算・暗算
パソコンや電卓を使わなくてもパッと答えが・・・
脳の発達
そろばんは頭のスポーツ。楽しみながら脳を鍛えます。
姿勢が良くなる
背筋をしっかりのばして正しい姿勢で学習。心もまっすぐになります。
計数感覚
計算感覚にすぐれた子どもは、物事を順序よく考えて実行できる子どもです。


珠算式暗算の魅力

教育方針イメージ

そろばん学習最大の魅力は暗算力!
 「18,64,86,71,…」画面に次々浮かぶ数字を計算する、そんな光景を一度は見たことがあるのではないでしょうか。超能力のようなこのフラッシュ暗算も珠算学習者ならば当たり前のことで、当塾では3ケタの計算もたくさんの子が正答させることができます。暗算も1級になれば3桁×2桁、5桁÷3桁などの計算の答えを非常に短い時間で出すことが可能で、他にはないこの圧倒的な計算力こそ珠算式暗算の魅力と言えるでしょう。
 さらに暗算は右脳に刺激を与え、創造性やひらめく力(の基になる能力)を育み、子ども達の脳の成長にとても良い影響があることが専門家によって証明され、その効果に再び注目が集まっています。
 まずはそろばんを弾き込んで玉の動きをしっかり体に覚え込ませ、段階的に計算のイメージ化の訓練を積んでいきます。暗算力は一生の宝、当塾オリジナル教材を使いながら、従来よりも早い習得を目指します。

 そしてそろばん学習のもう一つの魅力、それは努力が目に見える事。毎日の練習成果が点数として表れるのはもちろん、〜級というスモールステップの進級システムが目標を明確化し、確実に達成感も味わるため、常に向上心をもって練習できるのです。

 さらに、近年では珠算学習の様々な良い効果が脳科学者や珠算学習者によって証明されてきました。実は計算力だけに留まらない、”脳力”を伸ばせるそろばん教育。「知識の先取り・詰め込み」を行う前にやっておくとさらに効果的だと言われています。ぜひ一度、お近くの教室で体験してみてください。
 


information


LINEでお問い合わせいただくと
お待たせせずにお返事いたします

※アカウント名が「そろばんスタジオ
ACE」になっていますが、
「さとう珠算塾」へのお問い合わせも
コチラからお願いします。
担当:佐藤(070-4076-0218)
Mail:88@sato-soroban.net

さとう珠算塾

〒982-0807
仙台市太白区八木山南3-18-5

そろばんスタジオACE

〒982-0031
仙台市太白区泉崎2-26-16


さとう珠算塾

八木山南教室

古城教室

古城教室


そろばんスタジオACE

泉崎教室

長町南教室